アンチエイジングにも効果あり!飛蚊症の対策方法とは?

悪化・予防のために飛蚊症対策を!

飛蚊症に気づいたら、最初に眼科で検査を受けて
「生理的な原因なのか」
「病的な原因なのか」
を診断しなければなりません。

飛蚊症の原因についてはこちら⇒

大半の飛蚊症は生理的な原因ですが、年齢を重ねると誰にでも起きる可能性のある症状です。
ですから、飛蚊症の対策を知っておくことは大切です。

飛蚊症をこれ以上悪化さないためにも対策は必要ですし、その発症を予防するためにも対策は考えておくべきです。

飛蚊症の対策は、日々の生活から取り入れることでおこなえることもあります。

では飛蚊症の対策とは何をすればいいのか?

その対策方法を紹介します。
あなたの健康なアイライフのために役立ててください。

活性酸素の抑制が飛蚊症の対策になる!

飛蚊症の対策には、活性酸素を抑えることが重要になります。
活性酸素の影響で硝子体が酸化することで劣化がはじまるからです。

活性酸素を抑えるためには3つのポイントがあります。

1.紫外線の侵入を防ぐ!

紫外線は硝子体を劣化させる原因の一つです。
紫外線は硝子体内で活性酸素を発生させます。

ですから、紫外線の侵入を防ぐことが飛蚊症の対策として必要になります。

「紫外線の侵入を防ぐ」
といっても、太陽光には紫外線が含まれています。

私たちが生活している中で、太陽の光から避けることはできませんので、外出をする時にはサングラスをかけることも対策の一つになります。

また、現代ではオフィスワークのためパソコンに長時間向う必要がある人、夜遅くまでスマホを見ている人が増えています。

パソコンのディスプレイ、スマホの画面からは太陽光に含まれる紫外線と同等に有害なブルーライトと呼ばれる光が発生しています。

最近、若い層にも飛蚊症の症状を訴える人が増えているのは、これが原因と考えれれています。

基本的にはパソコンやスマホの長時間の使用を避けることが大切ですが、やむをえない場合はブルーライトカットのメガネをかけたり、ブルーライトを遮断する保護シートをディスプレイに貼るなどの対策をおこなってください。

2.抗酸化物質を摂り入れる

硝子体の劣化は、残念ながら加齢により抗酸化物質の不足により進んでいきます。
しかし、その進行を予防することは可能です。

そのためには硝子体劣化の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用のある栄要素を摂り入れることが必要になります。

抗酸化作用が期待できる栄養素とは?

  • ビタミンC・・・いちご、みかんなどの果物類やキャベツ、ピーマン、ブロッコリーゴーヤ等の野菜類
  • ビタミンE・・・ごま、うなぎ、ピーナッツなど
  • 亜鉛・・・牡蠣(かき)、かぼちゃの種、卵、チーズなど
  • セレン・・・イワシ丸干し、シラス干しなど
  • ポリフェノール・・・ぶどうの果皮、ブルーベリー、緑茶(カテキン)など
  • カロテノイド・・・リコピン、アスタキサンチンなど

これらの栄養素を普段の食事や生活習慣に摂り入れることで活性酸素を抑え、硝子体の劣化を防止・予防することが可能になります。

また抗酸化物質を体内に摂り入れることは、カラダ全体の老化防止にもつながりアンチエイジング効果も期待できます。

3.ストレスを溜めない

ストレスも活性酸素を生成する原因です。

私たちのカラダには、ストレスを感じると副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンという物質が分泌されます。
この副腎皮質ホルモンが分泌、分解されるときに活性酸素が発生します。

また、ストレスを受けているときは、カラダが緊張状態を保っています。

緊張状態のときは、血管が収縮して血流が悪い状態になっています。
眼も、近距離でスマホを見たり、読書をするときは焦点を近くに合わせようと緊張しています。

そしてストレスから解放された時に、血管は広がり一気に血液の流れがよくなります。
この時に活性酸素が発生します。

私たちの日常はストレスを感じることばかりかもしれません。
しかしそのストレスが活性酸素を生み出す要因になりカラダ全体の老化、眼球の硝子体にも悪影響を与えます。

できるだけカラダへのストレスが続かないように、簡単なマッサージやストレッチを普段からおこない、ストレスから解放させることも、飛蚊症対策の一つです。

眼の健康のためにも飛蚊症対策を!

飛蚊症の対策は、硝子体の劣化要因となる活性酸素を如何にして抑えるかがポイントです。

他にも目の老化に有効と言われている抗酸化作用の強いカロテノイドの一種である、ルテインやアントシアニンをサプリメントで摂り入れることも飛蚊症対策になります

活性酸素の抑制は飛蚊症だけでなく、アンチエイジングにも有効です。
紫外線対策、抗酸化対策、ストレス対策などを普段からおこない、眼の健康と飛蚊症の悪化や予防に役立ててください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする